駆除されゴミに出される予定の動物を食べたら美味かった。
鞣したら上質の毛皮になった。
これがなぜゴミなのか。
全てはその疑問が始まりだった。
生態系保全に狼不在の指摘あれば狼代行となり、
ゴミになりそうな美味い肉あれば調理人となり、
ゴミになりそうな毛皮あれば鞣し職人となり、
調理肉あれば美味しく食べる腹ペコとなり、
鞣された毛皮や皮革あれば皮職人となる。
ただ自然に従い、自然の前では臆病であれ。

 

…なんて書くとカッコイイが、結局のところ原動力は「もったいない」これに尽きます。

貧乏性精神に則って、いろいろなものをだいじにだいじにしていこうという活動です。

安全な活動を行うために大切にしているのは「チキンハート」です。

ビビり上等で安全に楽しくやっていきます。

屋外での活動が多いので、更新頻度はとても低い予定です。

2019年5月1日 いいだしっぺ